ピックアップコラム

猫の権利、飼い主の権利とは?

猫の抜爪(declaw)手術とは
猫の抜爪(declaw)手術とは
猫は性質上、高いところへ登るとき、興奮したとき、攻撃するとき、マーキングなどで爪研ぎをします。普段はしまっている爪をグっと出して家具やスクラッチボードを傷つけるのです。家具や子供に攻撃をするなどの理由で、この猫の爪をなくす手術”抜爪”を求める飼い主や薦める獣医師がいます。賛否両論あるこの手術、なぜ問題になるのでしょうか。この手術は英語でonychectomy{onych(爪の部分)ectomy(除去)}といいます。実は猫の爪は人間でいう第一関節にあたり、この指の骨ごとネイルクリッパーやレーザーで切り取ります。そして、とても痛く辛い回復期が必要になります。これが理由で人道的に反すると反対派が多いのです。
(2012年09月18日 掲載) 参照元: 公益財団法人 日本動物愛護協会

カテゴリ一覧